『人形の国(5)』第25-26話ちょっと詳しいあらすじ

マンガ
スポンサーリンク

ネタバレがあります。ご注意ください。

人形の国(5) (シリウスコミックス) Kindle版
弐瓶勉 (著)
164ページ
(2019/11/8)

今回(5巻)のあらすじ

『人形の国』の登場人物

第25-26話
時間軸戻ってウメの落ちる前から、帝国に滅ぼされて隠遁して暮らすイルフ・ニクの人々

オータ

(オータさん生きていたんですね)
タイターニアに梅が墜落することを知らされ避難を催される。

(大長編ドラえもんの傑作『のび太と竜の騎士』ですね)
避難をして、やはりタイターニアから避難を催された他の部族の人たちと合流する。
(以前出てきた人たちでしょうか?)

ウメの墜落後、帝国は大部隊を展開しエスローらが所持していたAMBを搜索する。

エスローの再生を待ちつつやはり隠遁するタイターニアとケーシャはエナ回収のため帝国の転生者(正規人形)狩りを画策します。
(エナがあればエスローの回復が早まります。1巻でもありました。ちなみに、アレはアレではありません↓)

『人形の国(1)』より

一方カジワンは、「真地底教会」という組織を立ち上げ、人形病患者を再生させその構成員とする。
(この辺りは、漫画版『ナウシカ』の土鬼の皇兄を彷彿させます)

前巻までは残念だった元イルフ・ニクの王にしてケーシャお兄さん。相変わらず言動に小物臭が……。

人形の国(5) (シリウスコミックス) | 弐瓶勉 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで弐瓶勉の人形の国(5) (シリウスコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

19年11月13日現在『人形の国(1)』AmazonKindle版は、無料キャンペーン中です。

人形の国(1) (シリウスコミックス) | 弐瓶勉 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで弐瓶勉の人形の国(1) (シリウスコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました